ホワイトニング

当院では、より健康的な白い歯に、薬剤の力で近づけるための施術「ホワイトニング」にも対応しています。

せっかく治した歯だから、白く美しく保ちたいといった患者様のニーズは高まってきている傾向があります。

歯を白くしたい方は是非ご相談ください。

 

ホワイトニングとは

歯のホワイトニングとは、加齢、生活習慣、遺伝などが原因で黄ばんだ歯を、薬の力で白く漂白する方法です。

以前では歯を白くするには歯を削って白い歯をかぶせたり、歯の表面に付け爪のようなものを貼ったりする方法しかありませんでしたが、現在のホワイトニングは、歯の表面に過酸化水素を主成分とした薬剤を塗って漂白する方法や、歯に合わせて作られたトレー(マウスピース)にジェル状の漂白剤を注入して歯に装着する方法などによって歯自体を白くすることが可能となりました。

ホワイトニングの仕組み

ホワイトニング剤の主成分として、過酸化水素と過酸化尿素があります。この2つを併用しているものもあります。これらは一定温度になると、酸素と水に分解されます。

この分解の時に発する酸素が歯の色素と結びつき、色素を分解します。併せて、この過程で生じる活性酸素が、歯の表面のエナメル質表層に光を乱反射させるように作用し、もともと黄色味の強い象牙質の色が透けて見えないようになります。

このように口腔内で分解された酸素がエナメル質に浸透し、歯の色素(有機質)だけを分解して無色化させるため、象牙質の構造を変える事なく色調を明るくする事ができるということです。

ホワイトニングの種類

  • オフィスホワイトニング ・・・ 歯科医院で行います
  • ホームホワイトニング ・・・ 自宅でご自身で行います
  • デュアルホワイトニング ・・・ 上記の両方を行います

ホームホワイトニング

自宅で行う方法です。個人の歯の形に合ったマウスピース(カスタムトレー)を歯科医院で作り、そのトレーの中にホームホワイトニング専用の薬剤を入れて歯に毎日1~2時間連続して装着しそれを2週間から3週間ほど続けていく方法です。

薬剤は自宅で行うこともあり、オフィスホワイトニングとは異なり低濃度の10%過酸化尿素や3%程度の過酸化水素を含む薬剤を使用します。

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯科医師か歯科衛生士が行うホワイトニングです。

まず歯の表面をクリーニングし、オフィスホワイトニング専用の薬剤を歯の表面に塗って、光や熱を照射することで歯を白くします。短時間に白くすることができますが、その分後戻りも早いと言われています。一般に使用する薬剤は比較的濃度の高い30%~35%程度の過酸化水素を含む薬剤を使用します。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。
最も効果の高いホワイトニング法といわれています。

まずオフィスホワイトニングをすることで、歯を白くします。オフィスホワイトニングから24時間以上経過した後にホームホワイトニングを開始します。オフィスホワイトニングを2回以上行うことでより高い効果を出すことが出来ます。

この方法は、遠方の人や、早くより高い結果を出したい方にお勧めのホワイトニングコースです。単独方法よりもオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの長所と短所をそれぞれが打ち消し合うということで、ホワイトニングの期間の短縮や歯の白さの安定に高い効果をもたらします。

当院のホワイトニング

当院ではビヨンドホワイトニングを採用しています。ビヨンドホワイトニングとは日本人の環境、歯に合った日本人の為に開発された日本で一番導入されているホワイトニングシステムです。

シェード(歯の色)の改善は、1回あたり5段階

歯の色の改善度には個人差がありますが、下記のガイドを基準として、1回あたり5段階程度の変化が平均です。

国内導入トップシェアのシステム

ビヨンドホワイトニングは強力なホワイトニング効果を維持しながら、有害な紫外線や過度な発熱を抑えた、安全な設計のもとに作られており国内約4,000件のクリニックに導入されています。

ビヨンドホワイトニングの流れ