• 受付
  • 診療スペース
  • キッズルーム
  • スタッフ
  • 治療風景

お知らせInformation & News

診療時間一部変更のお知らせ(2020.09.22)

日頃から当院にご来院いただきまして誠にありがとうございます。

当院では、優秀な人材の確保に努めておりますが、育児や介護中のスタッフも多いため、平日の診療時間を一部見直さざるを得なくなりました 。

つきましては、10月1日より平日の診療時間を19時まで(最終受付18時半)とし、30分短縮致します。一方で、土日は診療時間を30分延長し、17時半まで(最終受付17時)診療致します。

10月からの診療時間

平日 10時〜13時半、15時〜19時

土日 9時〜13時、14時〜17時半

ご迷惑をおかけしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

スタッフ一同、皆さまにより一層貢献できるよう精進して参ります。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

休診のお知らせ 9月21日・22日(2020.09.16)

9月21日 (月)・22日 (火) は祝日のため休診させて頂きます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

休診のお知らせ(2020.08.05)

8月10日(月・祝)〜13日(木)は夏季休診とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

8月14日(金)より通常どおり診療致します。

休診のお知らせ(2020.07.21)

7月23日・24日は祝日のため休診させて頂きます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

新型コロナウイルス感染対策について(2020.05.15)

患者さまに安心してご来院頂くため、また、院内感染を防ぐため、以下の感染対策を実施しております。

1. 換気のため入口ドアを開放しております。

2. 来院時、患者さまに対する検温と問診、手指のアルコール消毒をお願いしております。(院内感染防止のため、発熱がある方、感染疑いのある方の治療は延期をお願いしております)

3. 院内スタッフの毎日の検温および手指消毒を徹底しております。

4. 感染防護対策を徹底し(院内スタッフはフェイスシールド、ゴーグル、キャップ、ガウンを着用)、患者さまごとに新しいグローブを使用しております。

5. 治療は全て個室または半個室で行い、ソーシャルディスタンスの確保をしております。

6. 患者さまには治療前に洗口液による含嗽をお願いしております。

7. 当院ではクラスB滅菌器(世界で最も厳しいヨーロッパの滅菌基準を満たしたもの)を使用し、治療器具は滅菌バッグに包装して滅菌しております。また、ハンドピース(歯を削る機械)も専用の滅菌器で内部まで滅菌し、患者さまごとに交換しております。

8. 診療室内を清潔に保ち、粉塵や飛沫の飛散を防ぐため、口腔外バキュームを使用しております。また、受付、待合室、診療室には空気清浄機を設置しております。

9. 診察終了後、診療台やレントゲン機器を消毒液により清拭した後、次の患者さまをご案内しております。また、受付、待合室、トイレは定期的に消毒液で清拭しております。

10. 待合室の椅子と椅子の間には、飛沫防止のビニールカーテンを設置しております。

4月29日(水)、GW期間中の診療について(2020.04.24)

4月29日(水)、 5月3日(日)〜6日(水) は祝日のため休診させて頂きます。

5月1日(金)、2日(土) は通常どおり診療致します。

よろしくお願い致します。

当院のコンセプトConcept

当院では、お口の健康を通じて、一生お食事を美味しく召し上がっていただき、
患者様の人生を豊かなものにできるようお手伝いをさせていただきます。

患者様の不安を解消します

歯科医院に来院される患者様は、通常、不安や痛み・違和感を抱えておられます。当院では、まず患者様のお話を十分にお伺いします。その後、適切な診査を行い、痛み・違和感の原因や現状の説明をさせていただき、ご理解いただく事で、患者様の不安を解消できるよう努めております。

安心して治療を受けていただくため、治療方法は患者様にご選択いただきます

お口の中の状態や痛みの原因をご理解いただけましたら、それに対する治療の方法(内容)をご説明致します。治療法が複数考えられる場合は、それぞれのメリット・デメリット・リスクをご説明致します。ご理解いただけましたら、個々の患者様に合った治療法(治療期間、費用、身体的負担など)をご相談させていただいた上で、患者様に治療法をご選択いただきます。

患者様にやさしいクリニック
を心掛けます

当院のスタッフは皆、笑顔で挨拶・お迎えし、患者様の不安や恐怖を解消できるよう最善を尽くします。また、お悩みなどお話しすいよう、プライベートに配慮した個室の診療室もございます。

患者様にやさしい治療
を行います

当院では、できるだけ痛みを少なくするよう、麻酔が必要な場合には、表面麻酔薬を塗って麻酔部位の表面の粘膜を痺れさせた後、細い針でゆっくりと麻酔薬を注入しています。
治療については、できるだけ削らず・抜かず、身体的負担・治療期間がかからない最小限の治療で、最大限の効果を出せるよう努めております。

やり直しの少ない治療
を目指しております

むし歯や歯周病になった場合は、再発しないよう最善を尽くした治療を行います。再発しなければ、今後、歯を削ったり抜いたりする必要はありません。
患者様には、その原因をご理解いただき、再発しないよう歯磨き指導や生活習慣指導をさせていただきます。

一生お食事を美味しく
召し上がっていただくために

治療が終了したら、健康な状態を維持するためにメンテナンスをお勧めしています。歯周病の研究で、長期的にメンテナンスを受けた患者さんグループと受けなかった患者さんグループを比較すると、受けなかった患者さんグループではより多くの歯を失っていたという報告が多くあります。
一度、むし歯や歯周病になってしまった部分は再発しやすいので、定期的なメンテナンスで再発を防ぎ、再発しても早期に対処する事が大切と考えております。

痛みの少ない治療

表面麻酔薬の塗布

針を刺すときの痛みを緩和するために、歯ぐきの表面に「表面麻酔薬」を塗り麻痺させます。
表面麻酔が浸透するのを待ってから麻酔注射を行っています。

表面麻酔薬

一番細い注射針

注射は針が細ければ細いほど痛みが少なくなります。当院では、歯科で使用される注射針の中で一番細い「35G」を使っています。

33G注射針

電動の麻酔注射器

麻酔液を強圧で一気に注入すると痛みが強くなります。当院では電動麻酔注射器を導入しています。一定の速度でゆっくり麻酔液を注入できるので痛みを減らすことができます。

電動麻酔注射器

ベビーカーのまま診療室に入れます

出産すると、幼いお子さんから離れることが難しく、一度も歯の治療に行けていないお母さんが数多くいらっしゃいます。
そこで、当院はベビーカーのまま診療室に入れるように診療スペースを広く取り、ベビーベッドもご用意しました。
また、診療室はプライベートに配慮し、個室もしくは半個室になっていますので、安心して歯科治療を受けにいらしてください。

都立家政南口歯科院長來山 修三

学歴

2005年
国立 大阪大学 卒業
国立 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 う蝕制御学分野 入学
2007年-2008年
英国 キングスカレッジロンドン歯学部大学院 (Department of Biomaterials, Biomimetics and Biophotonics, King's College London Dental Institute, Guy's, King's College and St. Thomas' Hospital) 留学
2009年
国立 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 う蝕制御学分野 修了 博士 (歯学)
2011年
香港大学歯学部大学院 インプラント科 (Implant Dentistry, Oral Rehabilitation, Faculty of Dentistry, The University of Hong Kong) 入学
2014年
香港大学歯学部大学院 インプラント科 修了 修士 (インプラント歯学) (Master of Dental Surgery in Implant Dentistry)

職歴

2007年-2009年
東京医科歯科大学大学院 リサーチアシスタント
2009年-2011年
2015年-2017年
東京医科歯科大学大学院 う蝕制御学分野 非常勤講師
2015年-2016年
ストローマンジャパン株式会社 勤務
2016年-2019年
医療法人社団弘堂会 勤務

保険診療

自由診療

保険治療では対応できない場合は、
患者様にご納得いただいた上で、保険外の治療を選択することも可能です。

滅菌への取り組み

近年、歯科医療の現場がとりあげられ、滅菌問題について問題になることがあります。
器具の滅菌消毒は、当たり前のことなので、安心して頂ける情報を提示いたします。
患者さまごとに治療器具は滅菌パックで包装致しております。
タービンは数十本取り揃え、タービン専用の滅菌器も取り揃えております。

タービン シロナ DACユニバーサル

タービン シロナ
DACユニバーサル

クラスB滅菌 シロナ DACプロフェッショナル(2台)

クラスB滅菌 シロナ
DACプロフェッショナル