マウスピース矯正

マウスピース矯正は、「近年開発され進歩が目覚ましい治療法」、「目立ない」、「取り外し可能」な治療法です。
患者の口腔内データーを取り込みコンピューター上で歯を動かし治療を再現し、マウスピースを治療開始から終了まで作成します(数十個)。ワイヤーがなく透明であるため「目立ない」、「取り外し可能」「痛みが少ない」「裏側矯正より安い」点が従来の治療法と大きく異なります。

マウスピース矯正インビザライン

「インビザライン」は、着脱できる透明なカスタムメイドのマウスピース型の矯正装置を使用して歯を動かしていく治療法です。患者様の歯並びを専用の光学3Dスキャンで読み取り、治療開始前に、治療終了時までの歯並びの動きをコンピュータ上で三次元的にシュミレーションします。(患者様も歯の動きの予測をご覧になれます)

このデジタルデータをもとに、患者様毎に製作したマウスピースを2週間ごとに交換しながら歯を移動していきます。

インビザラインGO

「インビザラインGO」は、一般的な全顎矯正の約半額程度の費用で、短い期間で前歯を綺麗に並べることが可能なシステムです。また痛みも少ないのが特徴です。

歯を動かす距離も少ないので治療期間が短く、リーズナブルな費用で治療を行うことができます。

矯正治療は2年前後も治療期間がかかることが多いですが、インビザラインGOでは時間のかかる奥歯を動かさずに前歯を並べるため1年以内に直す事も可能です。

インビザラインの特徴

透明な装置で目立ちにくい

インビザラインのマウスピースは透明なため、治療中でも周りにも気づかれにくい特徴があります。
接客業など人前にでるお仕事の方に人気がある治療です。

痛みがほとんどありません

ブラケットやワイヤーを使用しないため、口の中を傷つけたりしません。歯を動かす痛みもほとんどありません。

通院頻度が少なくて済む

ブラケットやワイヤーを使った矯正の場合、1ヶ月に1回の通院が必要ですが、インビザラインの場合、2ヶ月〜3ヶ月に1回の通院で済みます。

お食事やハミガキの時にご自身で外せる

食事中は外すことができるので、食事内容を気にせずお好きな物が召し上がれます。
また、マウスピースの洗浄や歯みがきも取り外して行え、お口の中を清潔に保つことができます。

治療後の歯並びを治療前に確認できる

治療開始前に、シミュレーションソフトで、どのように歯が動いていくのか、目で見て確認することができます。

インビザラインのメリット

  • 目立たない
  • 取り外し可能
  • 痛みが少ない
  • お食事がいつもどおりできる
  • 通院回数が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない

インビザラインのデメリット

  • 装着時間を守らないと歯がきちんと動かない
  • 治療できない症例がある