予防

車は大切にメンテナンスを行なっていれば、長い間走る事ができます。 歯も同様で、お食事のために毎日使っており、また、お口の中は常に酸や砂糖の刺激に曝されておりますので、適切なセルフケアができてないと、病気(むし歯や歯周病など)が再発してしまいます。ですので、車以上にメンテナンスが必要と考えております(車は故障したら買い替えれば良いですが、永久歯は抜けてしまうと生えかわりません)。 全ての治療が終了後、口腔内の良好な状態を長期に渡り維持するため、定期的なメインテナンスをおすすめしております。

予防をはじめましょう

日本人の歯を失う原因の1位は歯周病です。さらに2位が虫歯となっています。実は歯周病と虫歯で歯を失う原因の7割程にもなっています。

歯周病や虫歯の原因となる細菌は、口腔内にたくさん棲みついています。そしてこれらの細菌は「バイオフィルム」という水垢のようにネバネバとした膜をつくり、このしつこい膜に守られながら、病気を進行させます。

また、このバイオフィルムは薬剤での除去も難しく、機械的に除去するしかないのです。そしてご自身のハミガキだけでは全て除去するのは困難です。そのため、歯科医院で定期的に除去を行う必要があります。

自動車も定期点検をしっかり行うことで、長期にわたって故障少なく使用していけることと同様に、天然の歯も、インプラントも、定期的なメンテナンスによって長期にわたって機能させていくことが可能となるのです。痛くなってから歯医者に行くのではなく、痛くならないように予防するのです。

スウェーデンと日本の違い

親知らずを除外して数えると、お口の中には28本の歯がありますが、日本では80歳での平均残存指数は10本程度しかありません。対して、アメリカでは85歳で平均15~16本、スウェーデンでは75歳で平均20本程度の平均残存歯数となっています。何が原因でこのような違いがでているのでしょうか?

スウェーデンを見てみると、定期的に歯科健診やクリーニングを受けることを大切にしており、治療のためでなく、メンテナンス(口腔内の健康チェック・予防処置)のために歯医者に行くのが普通となっています。それに対して、日本人のメンテナンス率はわずか2%程度となっています。

歯科で定期メンテナンスを受けましょう

歯を長持ちさせるには、歯科医院で「年に3~4回程度(人によって異なる)」、定期的なメンテナンスを受けることが必要となります。

予防では、

  • 歯周病や虫歯などのチェック
  • かみ合わせのチェック
  • 正しいブラッシング方法の指導
  • PMTC
  • フッ素塗布
  • シーラント(お子様)
  • 食事や生活習慣などのアドバイス

などを行います。

メンテナンスについて

PMTCとは

毎日隅々までしっかりハミガキしているつもりでも、歯ブラシの届きにくいところがあったりすることで、汚れが溜まってしまいます。

MTC(プロフェッショナルティースクリーニング)では、プロが専用の器具を使用して、徹底的に汚れやバイオフィルムを除去します。

PMTCの特徴

PMTCでは、専用の機器によって汚れを取り除きますので、痛みを伴うことはまずありません。

PMTCでは、歯の表面をツルツルにすることで、汚れの再付着がしにくくなり、そのことで歯周病や虫歯予防にもつながります。

PMTCを受け続けた人は、何もしていない人に比べて、6年間で1.4mmの歯肉の高さの差がでることがわかっています。