白い歯・セラミック治療

当院では、セラミック・ジルコニアなどによる「セラミック治療」を行っています。当院のセラミック治療では、単に セラミック・ジルコニアなどの自然な白さの歯を使用して見た目の美しさを追求するということだけでなく、接着性の良い材料を使用するなど、二次むし歯の発生源となりやすい「隙間」のできづらい治療を行って、予防にもつなげるよう治療を行っています。 

↓当院セラミック治療の専用サイトもご覧ください。

セラミック治療

セラミック治療は、見た目の美しさ=審美性を目指す治療のひとつです。健康保険適用の治療では、詰め物や被せ物は銀歯やプラスチックが使用されます。特に前歯の場合は、プラスチックの場合、経年で黄色く変色したり、歯ぐきとの境目が黒い筋になって目立ってしまうこともあり、審美的なセラミック治療を希望される方も少なくありません。また、セラミック治療によって、歯科金属を一切使用しない、メタルフリー治療(ノンメタル治療)で、金属アレルギーのリスクも回避可能です。

セラミック治療の特徴

  • 天然の歯のような透明感のある美しい仕上がりを再現可能。
  • 二次むし歯のリスク・再治療のリスク低減(保険の銀歯やプラスチックと比べ)。
  • 銀歯やプラスチックの歯のように、経年による劣化がない。
  • 金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がない。
  • 金属のように溶け出して歯茎の黒ずみなどの悪影響を及ぼすことがない。

セラミック治療で可能な例

  • 銀歯を白い歯にしたい。
  • 前歯の形やすき間を治したい。
  • 前歯の色を治したい。

セラミック治療の種類

インレー

「インレー」とは、いわゆる「詰め物」のことです。インレーは、削る歯質の量が少なかった場合に選択します。

 

クラウン

「クラウン」とはいわゆる「被せ物」のことです。表側がセラミックで裏打ちがジルコニアの「ジルコニアセラミッククラウン」、全てがセラミックの「オールセラミッククラウン」などがあります。

ラミネートべニア

「ラミネートべニア」とは、歯の表面だけを薄く削り、そこにセラミックの薄い歯を貼り付ける治療法のことです。

コア(土台)

クラウンは、ご自身の歯を土台にする場合と、根の治療をした場合には「コア」とよばれる土台を根に差し込む場合があります。コアには金属のコア(メタルコア)とファイバーコアがあり、メタルフリー治療ではファイバーコアを選択します。メタルコアでは、金属がイオン化・溶出し、歯茎に染み込み、黒いしみをつくってしまう「メタルタトゥ」の原因になる場合があります。ファイバーコアではこのようなリスクはありません。ファイバーコアは金属の土台と違い、歯根破折のリスクを下げることにつながります。歯の根が割れてしまう歯根破折を起こすと抜歯となってしまいます。

 

ダイレクトボンディング

「ダイレクトボンディング」とは、ハイブリッドセラミックを直接歯に盛り付け、光を当てて硬化させる方法です。保険の治療で使用するレジンと比べて、色彩、透明感、質感など、より美しく仕上がり、経年による変色も少ない治療です。