歯周病治療

都立家政南口歯科 > 歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは、歯の周りの組織(歯肉や歯槽骨など)が、プラークと呼ばれる細菌の塊内に存在する、歯周病菌に感染することによって引き起こされる、歯周組織の病気の総称を言います。
主な症状には、歯茎(歯肉)が腫れたり、出血したり、最悪な場合には歯自体が抜けてしまうこともあります。
歯周病にかかった場合、初期の段階では、ほとんど自覚症状が出ませんので、気づいていない人が多くいると思われます。
しかし、実際には、成人した日本人の80パーセントもの人がこの歯周病にかかっていると言われており、日本人の歯を失う最も大きな原因となっています。

歯周病の症状

歯周疾患の原因によって、歯肉が赤くなったり、腫れたりするなどの炎症が現れます。
歯肉炎となった後、歯肉炎が進行することにより歯と歯肉の付着レベルが破壊されてしまい、歯周炎となります。
歯周炎が重症化することで歯を支えている歯槽骨の吸収が進行し、その結果、歯の動揺が増大することで最終的には歯の喪失にいたります。

健康な状態

根管治療の初期症状

歯周ポケット〜2mm

軽度歯周炎

根管治療の為に咬合面(や補綴物)を削ります。

歯周ポケット3mm〜5mm

歯ぐきの腫れ・知覚過敏が起こります。

中度歯周炎

歯髄の除去

歯周ポケット4mm〜7mm

強い口臭と、軽い歯のぐらつきが生じます。

重度歯周炎

根管内の洗浄と調薬

歯周ポケット8mm以上

咬めないほど歯がぐらつきます。

治療の流れ

検査・診断

歯周疾患の検査の主な目的は、歯周疾患を鑑別・診断すること、開始時期とその進行状況を確認すること、病気のかかりやすさを調べること、治療に対する反応のモニターをすることなどです。 検査項目には、以下のようなものがあります。

検査項目

  • 歯肉の炎症に関して:BOP、浸出液中の白血球数、浸出液中の白血球の炎症性産生物やメディエーター9
  • 歯槽骨の変化
  • アタッチメントレベル
  • 細菌叢の特定
  • 免疫反応:抗体価、免疫応答細胞

口腔内検査

問診、視診、レントゲン写真、臨床的な口腔内記録(残存歯、隣在歯との接触関係、補綴処置や修復歯の状態、ポケット測定と測定時の出血有無、付着歯肉の状態などを確認)などから診断を行います。

治療

初期治療

まず原因を除去して病変の進行を止めます。さらに、患者さんに合った治療を選択していきます。 以下のような項目を実施後に一定期間経過観察して治療効果を判定し、初期治療の結果を見直して再評価を行います。

  • 緊急処置
  • スケーリングとルートプレーニング(歯石を除去する治療法)
  • 口腔清掃法の指導
  • う触治療
  • 歯内治療
  • 要抜去歯の抜歯
  • 暫間固定
  • 習癖の改善
  • 歯周ポケット掻爬

歯周外科治療

初期治療後に行われる外科的治療で、目的別に以下の治療が行われます。使用する材料によっては、一部保険適用外の処置になる場合もあります。詳しくは担当医からご説明があります。

歯周ポケットの除去法

歯周ポケットの減少を目的として、切除療法、組織付着法(新付着術、フラップ手術)、再生治療法(歯周組織再生誘導法)などを行います。

歯肉歯槽粘膜形成術

歯周組織の健康を維持したり、プラークコントロールを行いやすい口腔環境に改善したりする外科的処置です。形態的、機能的に適切な付着歯肉の幅を形成・維持することを目的としています。

メインテナンス

歯周治療によって得られたよい歯周組織の状態を長時間維持するためリコール(口腔内の定期健診)とホームケアが行われます。歯周疾患の進行や再発防止のために定期的に歯科を受診し、必要な処置を受けることが大切です。