小児歯科

都立家政南口歯科 > 小児歯科

小児歯科とは?

小児歯科

歯が生え変わる期間における、定期的な歯科検診は、歯に対する意識の向上と、歯ブラシの習慣を身につける上で非常に重要な役割を果たします。

まずは、歯医者さんに慣れてほしいと考えていますが、必要な場合は治療もおこないます。
虫歯が小さい場合は、レジンといわれるプラスチックを充填することになります。
虫歯が大きい場合は、麻酔をして神経処置になることもあります。
虫歯が小さく経過をみれるようなら、フッ素やクリーニングで定期的に経過を追います。
上手に永久歯と乳歯が生え変わらない場合は、乳歯の抜歯を行います。
生え変わりが気になる場合は、矯正担当医に直接相談することも可能です。

未成年の方の治療について

小児歯科

基本、一度は、お口の中のご説明を受けて頂きたいので、御同席をお願い致しております。
それ以降の治療に関しましては、基本、お子様1人でも対応しておりますが、永久歯を抜かざるを得ない場合は、必ず、ご両親の同意を頂くようにしております。