一般歯科

都立家政南口歯科 > 一般歯科

虫歯治療について

虫歯

一般的に虫歯(う蝕)とは口腔内に繁殖した細菌が食べ物に含まれる糖質を餌にし、酸を発生させこの酸が歯の表面を溶かし穴が開いていくことをいいます。 この過程を「脱灰」といいます。

初期の脱灰は、歯の最表層よりも、内層に数十ミクロン入ったところのほうが強く起こり、歯の内部に浸透した光が複雑に屈折反射するために白濁した白斑(はくはん)を呈しています。 この白斑のレベルであれば、ていねいな歯磨きを続けることで唾液の生理的作用によって再石灰化が期待できます。

再石灰化とは、唾液に含まれるカルシウムやリンが初期の脱灰を修復することができる、この現象の事をいいます。 通常、歯は食事をする度に脱灰と再石灰化が日常的に行われています。ですが過度の脱灰には再石灰化も追いつかず、一度進行してしまうと自力で治すことは不可能です。日ごろからのハミガキや健康的な食生活を送るのが一番の虫歯予防です。

それでも虫歯が進行してしまったら是非ご相談下さい。早期発見・早期治療に勝るものはありません。

虫歯の段階に合わせた治療法

虫歯の過程を分かりやすく説明する表記を専門用語で虫歯を指す「カリエス」の頭文字”C”を用いてC0~C4と段階が付けられています。
段階によって治療内容も変わってきますので参考になさってください。

C0

根管治療の初期症状

一般的に「初期虫歯」といわれる段階です。 まだ穴になっていないため、毎日のハミガキや 再石灰化などで十分修復が可能な程度です。 ただ、進行しやすい状態であるため 4カ月に一度は歯科医院でのケアが必須になります。

C1

根管治療の為に咬合面(や補綴物)を削ります。

穴が歯の表面のエナメル質部分のみにできた状態です。 痛みはありませんがレジン(歯と同色の樹脂)やシーラント(患部消毒後の溝埋める)などの治療が必要です。

C2

歯髄の除去

エナメル質から象牙質に達し状態です。 痛みはあまりありませんが冷たいものがしみ始めます。 インレー(患部を削ったあとの被せ物)やクラウン(患部を削ったあとの冠状被せ物) などの詰め物、被せ物の治療が必要です。

C3

根管内の洗浄と調薬

虫歯部分が歯髄にまで侵食し激しい痛みを伴います。 痛みは一時的なもののため痛みがなくても進行しているケースが多いです。 この場合は、神経の治療が必要になります。 上物はインレー、クラウンなどの治療が必要です。

C4

根管内の洗浄と調薬

歯の神経が死んでしまい歯のみならず身体への影響もでてきます。状態によりますが抜歯などの処置が必要なケースも多いです。

歯磨き指導について

歯磨き指導

当院では、治療の一環として、歯磨き指導をさせていただいております。むし歯・歯周病はお口の中の感染症であり、その原因となるプラーク(歯垢)を除去し、お口の中を清潔に保つことが、治療の第一歩と考えております。

プラークは、歯に付着している白または黄白色の粘着性の沈殿物で、非常に多くの細菌とその産生物(バイオフィルム)から構成されています。プラークは強固に歯に付着しており、薬品だけでは除去しにくい状態になっていますので、歯ブラシ等でしっかりと除去することが必要です(プラークが除去できていない状態が続くと、新たなむし歯ができたり、歯肉の炎症が増悪することがあります)。

プラークは、毎食後、歯に付着してきますので、日々の歯磨きによるお手入れが必要です。そのためにはまず、正しい歯磨きの方法を覚えていただく必要があります。自分では正しく磨いているつもりでも、苦手な部分や磨きにくい部分があったり、歯並びや歯肉の状態によって磨き方が異なってきますので、患者様に合った歯磨きの仕方を指導させていただいております。

治療開始後は、患者様ご自身の歯磨きにより、お口の中を清潔にしていただくことで、歯周病治療でより良い結果が得られることが証明されており、治療期間の短縮にも繋がります(歯磨きが不十分でプラークが付着した状態では、歯周病治療をしても効果が得にくく、再発してしまいます)。

歯石について

歯石について

歯石とは、歯に付着したプラークが除去されないまま長期間堆積し石灰化した沈着物です。歯石自体には病原性はありませんが、新たなプラークが付着しやすくなるため、歯肉炎・歯周病の原因となります。歯石が付着すると、歯肉に炎症が起こり、歯肉が腫れたり、出血しやすくなります。この状態で歯石を取らずに放置すると、歯周病が進行し、口の中から臭いがしたり、歯の周りの骨が溶け、歯がグラグラになって抜けてしまうことがあります。

また、むし歯の治療においても、歯肉に近い部分のむし歯を取って詰め物をする際に、歯石が付いていると歯肉から出血しやすく、その為、詰め物が綺麗にできず、取れやすくなります。

歯石は、歯の表面に強固に付着しており、歯ブラシではとれませんので、歯科医院で専用の器具を用いて除去します。
歯磨き指導をさせていただき、きちんと歯垢を取れるようになっても、歯石が残っていては、歯石が接している部分の歯肉の炎症は改善しません。

以上の理由で、当院では、歯石が付いている場合は、特に症状がなくても、除去することをお勧めしています。
歯周病の治療は、患者様による歯磨き(セルフケア)でプラークを除去していただき、歯科医院では、患者様ご自身では除去できない歯石を除去し(プロフェッショナルケア)、お口の中を清潔にしていきます。